ホーム > センターお知らせ  > 「いのちをつなぎ、いのちが輝く動物園を目指して」 京都市動物園 その1

ホーム > センターお知らせ  > 「いのちをつなぎ、いのちが輝く動物園を目指して」 京都市動物園 その1

2022.07.05 センターお知らせ 

「いのちをつなぎ、いのちが輝く動物園を目指して」 京都市動物園 その1

近畿ESDセンターは、開設5年目となりました。近畿ESDセンターでは開設当初から、学校教員のESD推進を応援する拠点の取材に取り組んでいます。令和3年度は2つの拠点に対して取材を実施することができました。

2022年9月29日に京都市動物園を訪れ、京都市動物園 生き物・学び・研究センター長の田中正之さんにお話をうかがいました。

レポートその1では、京都市動物園の歴史、動物園の役割や目指す姿について、その2では、京都市動物園が取り組むESDやSDGsについて学校での学習や授業への活かし方を中心に、元小学校教員の中澤(地域教材化コーディネーター・学習指導コミュニケーター)のコメント共にご案内します。

2008年に京都大学と京都市との間で,「野生動物保全に関する教育及び研究の連携協定」が結ばれ,京都大学野生動物研究センターの教員が京都市動物園に常駐することになりました。その京都大学の教員が田中さんです。そして、2013年には、学術研究と環境教育をより一層推進するために、動物園内に「生き物・学び・研究センター」が設置されました。現在も田中さんほか4名のスタッフが、研究者として動物の調査・研究を中心に動物園の環境教育に携わっておられます。そして、研究の成果を活かし、動物園を広く環境教育の学びの場として提供し、様々なワークショップやイベントを企画・開催されています。

【京都市動物園の歴史】

京都市動物園は、1903年(明治36年)に開園しました。日本では上野動物園の次に古い動物園ということで、令和5年には、開園120周年を迎えます。その所在地は、平安時代後期の1077年に白河天皇により建立された法勝寺の跡地にあたるとの事です。1900年に大正天皇(当時皇太子)のご成婚を祝して動物園開設の運びとなりました。その総費用のうち約45%が市民の寄付だったそうですから、京都の人々の動物園開園に対する期待や喜びがどれほどのものだったのか想像に難くありません。

<動物園の中央付近に建てられている法勝寺九重塔跡の碑>

このように大変歴史があり、昔から市民の動物園として親しまれてきた京都市動物園は、開園以来100年という時を経て、2009年から2015年にかけて大規模な全面リニューアルが行われました。

【「近くて楽しい動物園」から、「いのちかがやく動物園」へ】

リニューアルに伴う基本的概念は、「近くて楽しい動物園」です。
「近い」とは、京都市の中心部からすぐ近くの便利な場所にあることと、動物園の中での人と動物の距離を近づけることを目的としています。京都市動物園の敷地の狭さを上手く活用して、動物本来の大きさや姿をより近くで体感でき、その迫力や匂い・息遣いまでも感じられるように工夫して造られたということです。そして、「楽しい」は、来園者にとっての楽しさだけでなく、動物たちにとっても「楽しい」ということを目指しているそうです。動物園を訪れる人を楽しませるために動物を利用するアミューズメントパークではなく、動物の一生の幸せにしっかりと動物園が責任を持つという姿勢です。これには、動物福祉の考えが込められています。特に近年、この動物福祉の考え方が世界中で高まり、動物園の様々な役割の基盤となっていると田中さんは仰っていました。動物福祉向上に努めていくうえで、京都市動物園では、飼育担当者・獣医師・研究者といった異なる視点を持った職員が協働して活動しているということが強みとなります。


<ぐっすり昼寝中のジャガー「アサヒ」 大阪市天王寺動物園からやって来た。元気で食いしん坊とのこと。>

<ヨーロッパオオヤマネコ「ロキ」パリ動物園から。 来園当時は隠れていたということですが、現在は園の取組成果もあり、リラックスしてしっかりとカメラ目線で迎えてくれました。>

<近寄ってきてくれたメスのミニブタ「ナッキー」 15歳の長寿>

<インドネシアの固有種 オオバタン「オージロー」こちらは54歳の長寿!>

<水中からプールの淵にあごをのせて、まったり休むカバ「ツグミ」>

【いのちかがやく京都市動物園構想】

京都市動物園では、令和2年2月に「いのちかがやく京都市動物園構想2020」を策定しました。ここでは、「人間もまた地球に生きる動物の一員であることを踏まえ、京都市動物園は、ヒトを含む全ての動物のいのちと暮らしに敬意をもって向き合い、市民とともに動物園文化の成長と発展に寄与すること」を理念として掲げています。
また、動物の福祉に配慮し、いのちを輝かせる飼育・展示を行う。野生動物の行動や生態、動物福祉等の研究を推進し、生物多様性の保全に寄与する。など、6つの行動指針を定めており、飼育動物の暮らしをより豊かにする取組を充実させるため、「どうぶつしあわせプロジェクト」等にも取り組んでいます。(「どうぶつしあわせプロジェクト」については、レポートその2で紹介します。)

【きょうと☆いのちかがやく博物館】

2015年に、京都市動物園・京都府立植物園・京都水族館の3施設で協定を締結し、翌2016年には京都市青少年科学センターが参画して、生き物でつながる京都市内の4つの博物館が協力してかけがえのない自然環境を次世代へ継承すべく、体験・啓発を目的とした連携協定が締結されました。そして、一年を通して、いのちの多様性や様々な生き物が暮らせる自然環境の大切さを伝えるワークショップなど、様々な交流イベントを展開しています。

“本物”に出会える動物園は、動物を知り、命を感じることのできる貴重な場です。動物に関心を抱くことから、やがて遠く離れている野生の仲間たちが暮らす景色へと想いが広がり、地球環境について考え、更には環境保全の必要性に係る気づきや保全行動へと結びついていくでしょう。人間に進化の歴史があるように、動物それぞれの個体にとっても固有の歴史があります。動物園は、SDGsの根幹にある多様性を認め(共存)、共に生きる(共生)ことを探るための入り口となるのではないでしょうか。京都市動物園の取組は、様々な機関と協力してパートナーシップの下で行われていることが、取材を通してよく分かりました。
その2に続く。
(中澤 地域教材化コーディネーター・学習指導コミュニケーター)
ホーム > センターお知らせ  > 「いのちをつなぎ、いのちが輝く動物園を目指して」 京都市動物園 その1
ホーム > センターお知らせ  > 「いのちをつなぎ、いのちが輝く動物園を目指して」 京都市動物園 その1